makiのきまぐれ御朱印旅

御朱印ブームにのっかった神社やお寺のお詣り記録です。

5月3日、住吉大社で「初辰まいり」に挑戦!?

以前、住吉大社のことを調べていたら、『住吉大社といえば 商売発達・家内安全のはったつさん」』というフレーズを見つけ、月に1度、4社で御朱印を頂ける日。ということが判明した。本来は御朱印じゃなくて、毎月4社をお詣りすることを4年で願いが叶いますよ!!っていうことらしい。でも、毎月、それも4年間なんて無理無理!!

せめて、御朱印でしょ~っていうことで、ちょうど大阪に出る日と初辰の日が重なった5月3日にお詣りしてきた(^^)

 

初辰まいり

初辰とは、毎月最初の辰の日のことです。この日に参拝すれば、より一層力を与えて守り助けてもらえると信仰されています。そして4年を一区切りとして、48回参拝すれば、満願成就となります。これは、四十八辰、つまり始終発達するという意味から来たもので、4年間月参りを続けられるというのは、それだけ無事発達しているということでもあります。

 

お詣りには巡拝ルートというものがあるそうで。いただいたパンフレットに書かれています。

「種貸(たねかし)社」「楠珺(なんくん)社」「大歳(おおとし)社」、三つの「御社」で祈祷を受け、稲種引換券をいただく。

翌月の初辰日に「種貸社」で前月もらった引換券を「籾種(もみだね)」に交換。そして「南珺社」で籾種を「稲穂」に交換。「朝沢(あさざわ)社」を経て、「大歳社」で稲穂と交換に「御神米(ごしんまい)」を授かる。という流れ。

ちなみに住吉大社の「御田(おんだ)」で収穫された「御神米」は、一粒万倍日にご飯に食べていただくと、ご利益を授かるといわれています。

承知いたしました!

でも、今回は、ルートに添ってお詣りだけさせていたくこととします!(*'▽')ノ (つまるところ、初辰まいりではない!?笑)

 

 

住吉大社さん、一宮の左手の門から進みます。最初に道に迷わぬよう、ルートが記してありますが、結構歩くので、たどり着くか若干不安。。。でも参拝者駐車場と思われる先に、ちゃんと鳥居が見えました(^^)

 

一番参り-元種を授ける神

貸種社 御祭神=倉稲魂命(うがのみたまのみこと)

資金調達子宝・知恵

初辰まいりで、「願いの種」を授かります。御祈祷した「お種銭(おたねせん)」を授かり、これを商売などの元手に加えて、資本充実の祈願をします。また種を授ける神として子宝祈願の崇敬も厚い。

 

最近新しくなった?っていうくらい、とてもとてもキレイな神社さんでした。

手水舎が、一寸法師!!( *´艸`)

 

 

なんか、住吉大社さん、一寸法師発祥の地 らしいです!?でっかいお椀と顔出しボードに笑えます。

 

 

こちらの狛犬さん、背中に子供が!!じっくり拝見、話しかけたかったんですが、そんなに広くない境内、参拝の行列の波で、変な人にはなれませんでした(T_T)

 

 

灯篭に、打ち出の小づち!に米俵! 可愛すぎるんですけど~(*'▽')

 

 

その他、お賽銭箱の上に立派な木彫りの宝船(?)みたいなのがあったり、本殿も、とても新しく美しく。。。また人手が多くなさそうな普通の日に参拝したいな~と思うのでした。行列まみれは、神社さんの雰囲気を堪能できません(T_T)

裏側に回ると子宝の神様とか、結構イロイロありましたが、次回のためにと今回はスルー。ごめんなさい<m(__)m>

 

地図で見ると第一本宮の裏手側みたいだから、種貸社からは結構歩きます。赤い幟がたっくさんはためいて。。。お社を見ることなく、行列の最後尾につくことになる。。。

 

二番参り-「願いの発達」を祈る

楠珺社 御祭神=宇迦魂命(うがったまのみこと)

家内安全、商売発達

毎月授かる「招福猫(しょうふくねこ」は奇数月は左手を、偶数月には右手を挙げた子猫を毎月集め48体そろうと、満願成就の証として納めていただきます。そして一回り大きな招福猫と交換してもらい、今後のご繁栄を祈願します。

 

この楠は神木なんでしょうね。。。いや、赤い幟、はためきすぎッて!!

 

 

あ、お社、ここにあるのね。。。。歩いてきた方向でっかい楠の向こう側に鳥居がみえて、あぁ~ここなんだと知る。。。売店(じゃないわね・・)でみなさんキュートな招福猫を頂いておりましたが。。。

5月は奇数月、左手の招き猫。人を呼ぶ。。。お店やってないから、スルーかな。。。ってか、お守りとか、私、整理できないんです( ;∀;)

 

で、行列のせいで、順序が逆になってしまった手水舎には、勇ましい竜がいました!

 

 

そして次のお社は、住吉さんの東の石門の外に出るようです。。。おもいっきり住宅街を通り抜けます。。。

 

三番参り-女性の守護神

朝沢社 御祭神=市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

美容・芸能、機転・愛想

「芸事や美容の願い」に服を授かります。住吉大社の弁天さんとしても親しまれております。女性の守護神としても知られ、住吉大社参拝の際、女性は必ずお詣りするのが習わしです。また芸能上達のご利益から、芸人や職人の方々の崇敬も厚い御社です。

 

そっか~。わりと狭いところに、行列ができてて。。。さっぱりわからなかったんですが、弁天様だったのね~。

道路から階段を下りながら通る鳥居なので、随分と背が低くて不思議な感じです( *´艸`)

 

 

種貸さんと、楠珺さんの手水がすごかったので、もしやこちらも?って期待したのですが(^^; 犬かしらねぇ・・・と思えるような石と、「犬の引き入れ禁止の張り紙が、なんか、おかしかった。。。

 

 

杜若(カキツバタ)が有名らしいです。まわりの池が浅沢池と呼ばれ、奈良の猿沢・京都の大沢と並ぶ近畿の名勝であったとか。。。

    住吉の浅沢小野の杜若

      衣に摺りつけ着む日知らずも   万葉集

美しく咲き乱れる杜若で歌人たちに愛され、万葉集にをはじめとする多くの歌集にその名をとどめている。

しかし昭和に入って、浅沢の清水も枯れ、杜若に代わって明治神宮の花菖蒲が移植されていたが平成9年地元の強い要望を受け、沢に新しい水流を加え、各地の原種の杜若を集め、住吉区区民の花の由来となる「浅沢の杜若」を復活できた。

いや~ん。お水、枯れてますけど( ;∀;) 5月にしては、暑すぎる日が続きましたから。。。汗

 

 

そのまま奥に進むと、すぐに到着します!

 

四番参り-願いを成就

大歳社 御祭神=大歳神(おおとしのかみ)

集金満足、諸願成就

御祈祷を受けた方に授ける、小石に「大」と書かれた「大歳石守(おおとしいしまもり)は集金のご利益があります。

 

大歳神さまって、年神様のこと??新年に福をもたらすという。。。?

いや、住吉さんのパンフレットには収穫の神って書いてあるし、幟のご紋も稲穂だよね・・・神様って、難しい(+o+)

 

 

本殿の隣には、「おもかる石」←伏見稲荷でやったやつ!!があり、そちらにも行列ができておりましたが。。。行列に疲れた私は、辰の日じゃないまた別の日に来た際に・・・などと思うのである。。。

そういえば!初辰まいりの幟、楠珺しゃの赤いのばっかりめだってるけど、ここにもあるので、ちゃんと撮っとかないとね📷✨

 

 

たくさんのお詣りされる人に紛れ、写真を撮りまくる私はちょっとした非常識人!?なのかなぁ。。。などと思いながら。。。また、人が多くなさそうな時にまた来ようと思うのであった。

 

 

御朱印は、住吉大社さんの社務所(?住吉さんの御朱印もらったのと同じところ)でいただけます。初穂料は各500円。書置きタイプですが、用紙(?)に1枚1枚手書きされたであろうものでした。

 

住所 〒558-0045 大阪市住吉区住吉2丁目9-89

アクセス 南海本線住吉大社駅」からヒガシヘ徒歩3文

     阪堺電気軌道路面電車) 阪堺線住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

 

住所アクセスは、住吉大社と同じにしてます。

若干、スタンプラリーと化してます(^^; が、行列にちゃんと並んで、平和と、自分と家族の健康、をちゃんと祈ったんだから、いいことにしてください<m(__)m>

 

 

住吉大社にお詣りしてきた!

ゴールデンウィーク真っただ中、5月3日に大阪住吉大社に行ってきた。

この日は暦の上で5月の初辰の日で、幟や出店でにぎわっていた。

お正月に初詣に行かない私は(今年はお寺さんへの新年あいさつに行く際に氏神さんに立ち寄ったけど、、、)、神社にこんなに人がいていいんだろうか。。。と結構びっくりした次第。まぁ、規制のないGWは3年ぶりだし、5月は初辰の大祭も重なるということで、予想はしていたんですけどね(^^;

 

朝廷奉幣の二十二社の一つ、由緒の深い摂津の国の一の宮として聞こえ高く、昭和21年まで官幣大社でありまして、全国二千余に及ぶ住吉神社総本宮です。

最近、総本宮巡りしてる!?(笑) そして再び相まみえた一の宮!全国一の宮巡りは到底できないだろうけど、新しく、カテゴリー、作りますか(笑)

ちなみに私のお初の一の宮は安芸の厳島神社、山城の加茂御祖神社(下賀茂神社)、写真が全消滅したから記事にしてない、伊予の大山祇神社、そして筑前住吉神社に次ぐ5社目。。。と思う。。。

 

 

あ、ちなみに全体像を撮るべく、道路の反対側に行くも。。。人が多すぎて諦めました。そして、びっくり!!大阪に路面電車が走ってるなんて、私、知らなかったです。

 

 

ちなみに、最寄駅は南海電鉄が便利らしいですが、大阪梅田に乗り入れていない電車への乗換を嫌う私は、地下鉄四つ橋線の出玉駅を利用。住宅地をぬけ、商店街を抜けて30分、かからなかったと思います。

めずらしい路面電車の発着の時間だったのか、撮り鉄さんがカメラを構える横を、たくさんの鳥居の列に、感動&興奮しながら進む私。ここにも鳥居があるけど、正面から入らなきゃ!って歩を進める私。

 

 

青空が美しい。。。

 

 

ほら、勇ましい狛犬さんが、近寄れないうえに、もろ逆光。。

 

 

これが噂の太鼓橋か!!前回、北野天満宮で、太鼓橋横からの写真を撮り損ねたから。。。とまず、撮影。

 

 

こちらの狛犬さんは、先ほどと違って、愛らしいお顔。。ここも売店に邪魔されて、変な角度からの1枚。

 

 

いざ、登らん。。。。って、この橋の上り角度が、エグイんですけど(^^; わりとおっちょこちょいさんなんで、踏み外して滑り落ちてはと、手すりは必須でございます!

 

 

手水舎には、ウサギ。神功皇后(じんぐうこうごう)にちなんだもの。

新羅ご出兵に当って、住吉大神のご加護を得て大いに国威を輝かせられ、ご凱旋の後、大神のご神託によって此の地にご鎮祭になりました。皇后摂政11辛卯年(かのとうしのとし)のこと。

ちなみに、手水舎の立て看板には辛卯年の卯月の卯日であるというご縁だと書いてあります。

 

 

やっと、扁額の鳥居です。奥に見える本殿にテンション上がりますが、え?行列!(^^;

 

 

今回は、ちゃんと予習していった。。。っていうより、九州で住吉さんにお詣りした際に、住吉三星を学び、神様は3人ってわかってたし、初辰のまいり方で境内地図も何度も見てたので、この後ろに並ぶべからず。。。

底筒男命(そこつつのおのみこと)。中筒男命(なかつつ)、表筒(うわつつ)の三神を総称して住吉大神(すみよしおおかみ)と申し上げ、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が檍原(あはぎはら)に禊除(みそぎはらい)せられたとき、海の中より出現せられた神様です。

ちなみに、禊除とは黄泉から帰還して、黄泉の汚れを落とすためのお祓い(?)のこと。同時に、天照大神とか月詠尊とか素戔嗚尊とかも同時に生まれたんだって!?

 

一番奥の第一本宮まで進みます。底筒男命がお祀りされております。

 

 

屋根のところに、どうやら木彫りの竜らしきものの存在が認められるのですが。。。保存のためか緑のフェンスがかかっておりまして、おまけに太陽もまぶしく、確認できないのが非常に残念です(T_T)

 



続いて第二本宮。御祭神は中筒男命

そうなんですよ、住吉大神の三神がそれぞれの宮にお祀りされているという。。

 

 

横からみるとこんな感じ。住吉造っていうのは、ってのは、屋根の✕のこと??直線型妻入式造のことらしく。。。よくわかりません( ;∀;)

 

 

そして第三本宮。御祭神は表筒男命

第一本宮から第三本宮まで縦並びの配置になっております。すべて国宝✨

 

 

第三本宮を後ろからみたらこんな感じ。渡殿・幣殿と呼ばれるもの?こちらは重要文化財らしいです。。。

 


第四本宮。こちらも国宝。

御祭神は息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)、神功皇后です。

 

 

第一から第三本宮が縦並び、そして第三本宮に横並びで第四本宮があるという珍しい配置。そもそも、本殿右、中央、左って感じでお祀りしてるのは今までよくお目にかかったけど、別々の本殿とは!びっくりです!!

第三本宮側から見た感じ。

 

 

第四本宮側から見た感じ。

 

 

そして第四本宮の前には、神功皇后にちなんだ(のよね?)撫でうさぎが!とりあえず、五体をじっくり撫でさせていただきました。。。

 

 

御朱印は第三本宮の左手にある門をくぐった先。。。とのことでしたので、そちらに向かうのですが、振り返ると、ご門越しの第三本宮です!

 

 

なんとか、第一本宮から第四本宮を1枚におさめることはできないか。。。

苦労の1枚です。微妙です(笑)

住吉大神海上安全の守護神であり、奈良時代遣唐使の発遣には、必ず朝廷より当社に奉幣があり、その会場無事を祈りました。そのほか歌神として、歌道の上達を志す人が当社に祈り、あるいは現実に姿を現される現人神と使途の進行もあり、産業商業・文化・貿易の祖伸としてあがめられています。

 

行列に負けることなく、無事に4柱の参拝を終え、初辰まいりを進めるのですが、その途中で、立派な石鳥居!

この石鳥居は慶長年間豊臣秀頼片桐且元を奉行として建立した東大鳥居で、東参道の旧住吉街道におったものを千年解体撤去したが此の度住吉名勝保存会によって両脚下部の石柱を新たにしここに再建されたものである。

昭和13年のことだそうです。

 

 

そこから入るとこちらにも狛犬さん!

 

 

やっとまともに撮れました!こちらは、ザ、狛犬仕様ですね。

 

 

石舞台なるものがあり、その先に赤い門、この先には小石を見つける!的な?スポットがありましたが、今回は、人が多くて、スルー。いつか、普通の日にまた来たいです!

 

 

いや、何度見ても、すごいんですけど!!

 

 

新緑の中、ここから入ると、初辰まいり一番目の種貸社に行けるのでしょうか。。。

 

 

ホームページでは直書きしてもらえるとのことでしたが、書置きタイプで、今日は初辰まいりの日だからですかね?と問えば、最近はずっと書置きだそうな。。。

せっかくなので、ご紋とうさぎさんが刺繍仕立て、御朱印帳に貼ったら、でこぼこするじゃん(^^;の、4.5月バージョンを頂きました。初穂料は1000円(通常のは500円)

 

住所 〒558-0045 大阪市住吉区住吉2丁目9-89

アクセス 南海本線住吉大社駅」からヒガシヘ徒歩3文

     阪堺電気軌道路面電車) 阪堺線住吉鳥居前駅」から徒歩すぐ

「宝満山竈門神社」は〇〇で有名らしいけど、縁結びの神!

太宰府天満宮→天開稲荷神社を経て歩く事約40分(ほぼ上り)到着しました

宝満宮竈門神社

鬼滅の刃の主人公と名前がおんなじだということで、聖地とかって言われて最近とみに有名らしいです。。。

ちなみに和歌山県にも同じ字を使った竈山神社というのがありまして。。。そこも私、行ってます。

でも私、鬼滅の刃、映画も原作もドラマも一切見たことありません。ただ周りの人がたくさん喋ってるので、キャラクターについては結構詳しい!そしてここの神社、なんだか色々鬼滅さんとリンクしてるらしい!って聞きかじりましたけど。。。それは一切わかりませんでした(^^;

「えんむすび」の神様という事らしく、御用はないかなとも思ったのですが、HPに書いてありました。

❝えんむすび❞とは、男女の良縁はもとより、良いとも、良い師、また良い仕事との出会いなど、様々なめぐりあわせを意味します。数々のめぐり逢いや出会いの中で、❝縁❞を大切に育くむことにより、人として生まれてきた幸せを手にすることが出来るのです。

めっちゃ、ステキだな~ということで、てくてくハイキングを兼ねて、参拝させていただきました。4月と言えども急に気温も急上昇。雨上がりの午前中だったから行けたけど、コミュニティバスを利用されることを、激しく勧めます笑

 

 

けど、バスのってきたら、この人っ子一人いないショットは撮れません(^^)

新緑がまぶしく、紅葉で有名な神社さん。というのも納得で、是非、機会があれば赤や黄色の季節に来たいものです。。。

にしても、葉が元気すぎて、社号標も、扁額も、全然写真に納まってくれませんでした汗

 

 

稲荷神社で散々上ったので、もう、階段は、1年分くらい上りましたけど。。。こちらも結構な階段が。。。もちろん霊峰宝満山、登山道の入り口に鎮座するお宮ですから、上りますよ!!

 

 

…まだ先にも階段ですか汗

 

 

なぜだかわかりませんが、鹿が1匹。。。全然こっちにかまってくれません(T_T)

 

 

お!見えてきたかも。。。

 

 

まずは手水舎。

 

 

花手水になってます(^^)

 

 

狛犬さんは、シンプル(?)です!

 

竈門神社は、大宰府政庁(都府楼跡)の鬼門に当る宝満山大宰府鎮護のために祀られた由来から「方除け」の神、更には厄除け、災難消除の神として信仰されてきました。

また御祭神が玉依姫(たまよりひめ)という女性の神様であるところから「えんむすびの神」として広く信仰されています。

 

「春はもえ秋はこがるるかまど山 かすみも霧もけぶりとぞみる」清原元輔

かすみぐあいがとっても素敵な1枚です(^^)

 

 

 

本殿右手には五穀社があります。

主祭神豊受大神

五穀神は古来より五穀(米麦粟稗豆)の豊穣を守護し、天地万物の生成、種子の発芽を司る神です。人が志を立て、その目標に進むとき吉兆を興し、道を切り開くお力を与えてくださると信じられています。

なんか、こちらの書かれる説明書き、好きだわ~。お米大好き人間としてお詣りする!って思っただけだったのに、道を説かれた!うん、がんばる!!笑

 

 

そしてね、なんかね、頭上にハート、見つけちゃったんですけど(^^)

ふくよかなお多福さんが笑ってる風にも見える、その口。。。

 

 

神社の前には招霊(おがたま)の木

神代の昔 天の岩戸の前で天宇受売命(あめのうずめのみこと)は招霊の枝をお持ちになり神楽舞を奏して天照大神を岩戸よりお出ましいただき再び明るい平和な時代が参りました。

招霊とは、神様を招くという意で当社では良縁・幸福を招く霊験の木と崇められています。

 

本殿左手側には夢想権現之助神社

杖道の祖と称えられる夢想権之助は、江戸時代初期に活躍した剣客で宝満山中で修行中に開眼し「神道夢想流杖術」を大成しました。

杖道って?剣道かな~ってあいまいに思ってましたが、そういう武道がある模様です。

 

 

その左手階段を上っていくと須佐神社

ヤマタノオロチを勇猛果敢に退治した須佐之男命をお祀りしてあります。

 


須佐神社から竈門神社のご本殿を見下ろすことが出来ます。

 

 

御朱印いただきました。初穂料500円。

前に並んでる人の背中に「半世紀へのエントランス」の文字をみつけ(カーディガン越し)テンションupっていうのは別の話笑

お守りが、とてもかわいらしいと有名らしいですが。。。あんまり興味が。。。

あ、ちなみにこちら竈門神社と天開稲荷神社のお守りは、太宰府天満宮境内でもいただける感じでしたよ!楼門本殿側の両翼がその売り場(?)になってました。

 

 

住 所 〒818-0115 福岡県太宰府市内山883

アクセス

 ◎最寄り駅は西鉄電車太宰府駅

 ◎徒歩の場合は、太宰府駅より約40分

 ◎太宰府駅からコミュニティバスまほろば号」、約10分(100円) 

 ◎太宰府天満宮から、徒歩30分、最寄りバス停「宮前」(三条セブンイレブン前)が便利